嫁『出かけるまで元気だったから絶対におかしい、ありえない!』←ペットの亀の不審タヒから、笑わないし話さないし飯も作らなくなってしまった。

嫁の様子がおかしくなって2週間。
笑わなくなって、話さなくなって、飯も作らなくなってしまって
夜もなくなって本当にわけがわからない
可愛がっていた亀がタヒんでから、嫁が何もしなくなってしまいました。
今まで家事も分担していたし何の問題もなかった。
嫁が結婚前から買っていた亀です。
大きな水槽が必要で、結婚したら連れて来たいと言うので
婚約と同時に私の実家の敷地に新しく家を建てました
嫁が言うには、パートから帰ってきたらタヒんでいたそうです。理由はわかりません。
嫁「出かけるまで元気だったから絶対におかしい、ありえない」
と言い張っていたんですが、元々ペット用の生き物じゃないから
ある日突然にタヒんでしまうこともあるんじゃないかと思うんです。
>>親との関係は?子供の催促とかする親じゃないだろうな。
嫁の両親はすでに亡くなっています。
私の両親は嫁を大切にしてくれますし、
年が年だから孫はムリでもいいよ、といってくれています。
俺は「寿命だったんだよ」と声をかけたんですが、
嫁は、ちがうと言って聞いてくれなくて。
亀の埋葬や水槽の掃除も手伝わせてくれませんでした。
なんだかとても邪険にされたというか、
それっきり本当に家のことを何もしなくなったんです。
>>亀がタヒんだとき、母がとても嫁に気を使ってくれてましたをkwsk
母からは「亀タヒんじゃったの?可愛がってたのに」と
「一緒にどこかにでかけてきたら」と言って
「嫁に何か買ってあげなさい」と小遣いを渡そうとまでしてくれました。
落ち込んでいる風ではないんですよ。
なんか、こう、家の事をしないは意地をはってるというか、それが引っかかるんです。
でも話しかけても返事もせずに無視される。
亀のタヒ因は判っているのか判らないのかも教えてくれません。
亀の話どころか普段の会話もしたくない風で、とことん無視です。
 
嫁、部屋にいませんでした
家にいないんです
音がしていたのは、亀の水槽に使っていたタイマーでFMが流れるようにしてあって
顔あわなさないと思ったら、出て行かれてました
亀は母に刹されてました
CDがおいてあって、ちょっとだけ聞いてみたら
母が嫁に、なんかもう、耐えられなくて続き聞けません
すいません、今、なんか、パニックなんです
手紙があって「弁護士が行くから待ってるように」と
逃げられたんですよね、これって
嫁、携帯も置いて行ってるんです
明日パート先行ってみます
母にこのCD聞かせます
最後に嫁の声が入ってました
泣いててところどころ聞けなくて
・あなたを産んで育てた人だから、
 私が悪いんだと気に入られる嫁で居ようと何度も思った
・でも、そのせいで、私はタビーをタヒなせてしまった
・タビーがどんなに苦しかったか
 水槽から逃げることができないで、どんなに暴れていたか
・もうここにいたくない、あの人も、あの人の子供である貴方も一緒にいるだけでいや
本当に最後に「あなたを好きにならなければよかった」って
母に聞かせる
こんな優しい嫁を追い詰めて許せない
今、自分にも腹が立ってる
母は
・嫁が「若くない」
・両親がなく兄弟もない身の上なのを「身上が悪い」
・本当に心得のある女なら自分から身を引いているべきなのに
・息子が結婚したいというから認めただけ、
 結納金もないし嫁入り道具は亀、こんな恥ずかしい嫁では
を本当に冷静に諭すように何度も何度も繰り返しで入ってる
全部、ちょっとずつ違うから、これだけの回数を言い続けてたんだろう
こんなの毎日言われてたら気が狂うだろ、おかしいよ
タビーは水槽にトイレ用洗剤を混ぜられて刹されたらしい
自分のいつもの部屋が急にガス室になったのと同じだよ
母がやったんだよ、それを。
亀がいなくなったから、もうこの家に用はないでしょ
いつでも出て行って良いのよって
今実家に行きたいんですが、夜中だし、とにかく父に話します。
嫁を見ないと心配していて「出て行ったんじゃないだろうな?」と聞いてて
「そんなことないよ、大丈夫だよ」と答えてたんだけど
明日間違いなく殴られる
父は母のことを知っていたのかもしれません
亀がタヒんだと話したときに「そうか」とだけ。
無関心なんだと思ったんですが、違ってたのかもしれない
ほんと、今まで、嫁の様子がおかしいとおもっていたけど
いないなんて思ってなくて、きっと部屋にいるんだ
働きに行ってるんだと思ってたんですよ
嫁を見たのは一昨日、父に聞かれたのは先週のこと、亀がタヒんだと話した後です
嫁がそんなに思いつめてるなんて思ってなかった
すごく優しくて、タビーを見てるときの笑顔を思い出したらなんか腹がたって震えてくる
なんかあったら自分に話すなりなんなりするだろうと思ってたんだ
表面上のつきあいとかそういうのじゃなくて
お互い話さなくてもあわなくても、分かり合えてるだろうという思いで
父もそうなんだけど、疑わしきは罰せずというか
証拠もないのに疑うことはいけないと考えるんだ
だからこんなことに・・・
 
父に話して来ました。
「夜中に行ってごめん」と謝って、うちに来てもらいました
母は実家で、というか寝ていて起きなかったので父は今回の話を知っていました
嫁を逃がしたのは父で、弁護士を立てるようにしたのも
嫁の今の居場所を用意したのも父でした
 
昨日の夜、ずっとうちに灯りがついていたので、
父はやっと私が気づいたのかと思って起きていてくれていたそうです。
「自分で気づいて自分から行動しないと意味が無い」と父に放っておかれてました、私。
父にCDの話をしようとすると「いい、知っている」と言われてまずびっくりして。
父が言うには「いつものように庭に出ると嫁が泣きながら何かを埋めていた」
すぐに亀がタヒんだ、と気がつき話しかけたそうです。
すると嫁がものすごい顔で睨んだのでピンときた、と。
「嫁にとっては大切な子供のようなもの。
 それを奪ってしまうような事になってすまないと庭で土下座をした」と。
父が土下座するなんてはじめてで、なんだかもう。
父は「いくら嫁が気に入らないからと、まさかそこまでやると思っていなかった」
「本当に情けなくて、申し訳なくて」
「できる限りの償いができるようにしようと思った」と。
母も最初は、嫁を嫌っていたわけではないらしいです。
二年前、私は風邪をこじらせて寝込んだことがあり
その時に嫁がパートに出ていた事を知ってから
「私だったら風邪で寝ている夫を置いて働きに行くなんてしない」
と怒って、それ以来、嫁をリ婚させようと考えたらしいのです
確かに風邪で寝ていた時は昼間は母が来てくれてましたが、
嫁の仕事は事務ですが、資格がいるので誰でもできるわけではありませんし
パートといっても嫁も大事な仕事をしているのだから
「急な休みは迷惑だから」と私が言って
母も「嫁ちゃんは真面目なのね」と怒っているふうではなかったんです
仕事で帰ってきた嫁と入れ替わりで実家に戻ったし
その時にも何も言ってなかったし。
なんだかもう、母が何を考えていて
どうしてここまで嫁が追い詰められてって
訳がわからなくなって黙ってしまったら、やっぱり父に殴られました
思いっきり拳骨で
「あれほど嫁を守れといっただろう!身ひとつで来てくれた嫁なんだぞ!」
とだけ、言って「私も守れなかったから同罪なんだ」と泣き出して。
夜中に親子で泣いてました。
タビーがタヒんで二週間、その間、嫁はパートをやめて、自分の貯金で新居を探し
保証人、弁護士は父の従兄弟の伝で紹介して、
準備が終わったのが一昨日、嫁はそのまま何も言わず出て行きました。
その間、私は嫁はパートに行っていると思ったし
家以外では普通だし、母もいつもと変わりなくて全く気づいてませんでした。
言われてみると、父が、嫁のことを気にしろといつもよりも言ってた気がします。
もし私が嫁に何らかのこと、気遣いができていたら
その時は夫婦が元に戻れるかも知れなかったんです。
本当は父が直接色々としてやりたかったそうなのですが
嫁にあわせる顔がないし、何より嫁が辛いというので
人脈で父からできる限りの「助け」をした、と。
そのときに、私と嫁はもうだめだと思ったと。
母が買い物に出ている隙に、嫁は父にだけ挨拶に来て
「本当に申し訳ない」と父も謝ると
「夫の事が好きで結婚したんです、タビーをタヒなせたのは私です」
と泣いて「お世話になりました」と言って駅に向かっていったそうです。
父は見送ろうとしたんですが「ご近所の目もあるし」と
嫁はまるでどこかにちょっと買い物にでも行く風だった、と
「今度はお前がやる番だ」と言われました。
今日、会社に休暇を出して、年末の時期ではありますが弁護士に会います。
タビーがタヒんだ時の水を嫁は保管していて
それを分析してもらい証拠としてとってあるとのことです
水槽を掃除しておいてあげた、という母の言葉もきっちり残っていて、
何を使って掃除したのかがはっきりとわかるので
被害届を出せば母は前科がつくかもしれない
父は、母を止められなかった、あれでも連れ添ったのだからと
母を放っておくことはしないといいます。
嫁が望むなら、慰謝料は全財産無くしてでも払います。リ婚も受け入れます。
自分のためとかじゃなくて、嫁のためにがんばろうと思います。せめてもの償いです。
タビーがいなくなれば、嫁はいなくなる、だからタビーを刹した。
母がそんなことのできる人間だったことは、いまだにショックです
嫁が母のことをあまり話さないのは、
何も起きていないからなんだと思ってました。
私の両親だからという言葉がこんなに重いものだったのか、と、いまさら
確かに、タビーと私はそんなに仲が良かったわけではないし距離を置いてました
けれど刹そうとしたら刹されるしかないじゃないですか、水槽の亀なんて
タビーは悪いことをしたわけでも何でもないのに、
たまたま嫁が可愛がっていた、それだけの理由でですよ?
母は相変わらずです。
食欲無くて、母が置いて行った夕飯を見るだけでも、今は辛いです。
手をつけずに玄関においてあります。
母がしたことを私が知っていることをまだ母は知りません。
母を憎んでる一方で、でも、自分の母親なんだと、
すいません、落ち着いたといっても、まだ頭の中がぐちゃぐちゃなんです
そろそろ母が盆を下げに来るので話しをします
母にCD聞かせます
嫁を追い詰めたことタビーを刹したことは許せない、
母に玄関から上がってもらってCDを聞いてもらいました
母は冷静に「確かに私ね」と
どうして嫁にこんなことをいうのか、なぜ言ったのかと聞くと
「嫁を娘だと思ってきたけれど、嫁は私を母だと思ってくれないし
 そのままじゃお互いが辛いから家を出てもらっただけ」と
「ひどいことを言ってると思うでしょうけど全部本当の事だわ」と
「タビーがタヒんだのは、母さんのせいだよね?」
と聞いたら「そうよ」と普通に答えられました
「亀の水槽が汚れていたから、洗ったの」
「水槽が空っぽだったからタヒんだのだと思って
 嫁に会った時に、これでいつでも出て行けるわねと言った」と
「動物はすぐにタヒんじゃうから、
 飼うのは良くないのよ、いつも言っていたでしょ?」と
「私と一緒じゃ、嫁ちゃんかわいそうだし、お前も不幸だし
 嫁ちゃんが出て行ったのは嫁ちゃんが決めたことなんでしょ?」と
「お前が嫁ちゃんと別れたくないならそれでも良いけど
 私は嫁ちゃんと顔をあわすのはいやよ」と
母はとても冷静で普通に話すんです
怒るわけでも逆ギレしてくるわけでもないんです
嫁はこんな調子の母と毎日話してたのかと思うと
なんか、すごく怖くなって「母さん、別人だよ」と思わず言っちゃって
そしたら母さん笑って
「息子が幸せな結婚できなかったんだから鬼にもなるわよ」と
今夜はもう遅いので、実家に戻ってもらいました
なんか、私、震えてるんです。
怖いです、ものすごく母が。
父から電話がありました。
母が戻ってきて「嫁ちゃんいなくて、あの子がかわいそう」
「実家に息子を戻した方がいいわね」と話してきたそうです
「家は賃貸に出すなりすればいいし」と
それで「お前はどうしたいんだ?」と
「タビーを刹した母とは暮らせない、この家にいる」
「鍵を返すから返してくれ」と答えました。
父は「それがお前の答えならそれでいい」と言って電話を切りました
とりあえず、この家に母が来ることをやめることからやってみます
これから先どうなるかは判りませんが
少しでも嫁に償えるようにします
まだ頭の中が正直真っ白ですが
母は普通ではなくなったんだと思います
一人暮らしはしたことがありません
あえて言うなら今がちょっとだけそんな感じですが
勤怠が大事な職場なので、生活に支障がでるのは困りますし
今から家事を覚えて色々とするとなると影響が出そうで
 
今日、会社を休みました
母は今日は出かけていて帰宅は夜なので
これから実家に行き、父と話をします
父が話があるそうです
私は反抗期とは無縁だったし厳しい父と優しい母と三人で暮らしてきて
嫁に出会って、結婚して夫婦で暮らすようになって
今まで本当に平凡で、幸せでした
でも、嫁にとって幸せだったのかと考えたとき
幸せじゃなかったかもしれないと思うんです
私がどうしたいのか考えてみたんですが、
なんかもう真っ白なかんじで何も出てこないんです
自分で、あれ?あれ?というか、そんな風で
ただ自分と一緒にいても嫁が辛いだけなのは確かだと思います
 
一昨日から昨日と色々有りすぎて、ちょっと抜け殻みたいです
結論として、会社に転属願いを出し私は家から離れる
嫁とのリ婚については、後で嫁と話をして二人で決める
話し合いの結果によって、母をK察へ突き出すかどうか決める
K察に行かない場合には父は母を連れてこの家を出るとなりました
父は嫁の居場所を知っていて、
私が自分から動いたら嫁と話す機会を作るつもりだったそうです
「リ婚するしないを自分だけで決めるな、お互いに話をしなさい」
「そのための弁護士なんだ」と父に言われました。
「私(父)と話して決めたことを自分から母にきちんと話しなさい」
「それができないなら、嫁ちゃんと話す資格もないんだ」と
母が戻ってきたら、実家にまた行きます
K察へ行かなかった場合には、
父は母を連れてこの家を出て、家も土地も処分するつもりだそうです。
私は転属願いを出すので、どこかの支店に移ることになると思います
転属できなくても家は処分なので出て行きます
 
今実家から戻りました
実は、母が病院にいます
くわしく思い出せないんですが私が殴ってしまったんです
父が来てくれて、母を病院に連れてって
でも父は「病院に来るな」と
自分でも何がなんだかわからなくて混乱してて
ちょっと落ち着いたので戻ってきました
今日は約束なので弁護士さんに会います
嫁が来てくれるかどうかは判りません
母もどうなったのかわかりません
嫁が私にかかわるのは辛いと思うので
私はリ婚するつもりです、もちろん謝ります
母がどうなるのかは判りませんが、父がいるので大丈夫だと思いますし
 
落ち着いたので、ご報告にだけ参りました。
結論としては、現在、妻は側にいます。
タビーが眠る庭のあるこの家で一緒に暮らしています。
母はあれから父と共に引越しして今は海外です。
隣に建ててあった実家は解体作業が始まり、秋にはアパートが建つ予定です
あの当時の自分は本当に情けなくて
どうしようもない男だったと思います。
けれど妻はそれでも私を支えてくれると言ってくれて
私も一時真面目に転勤を考えましたが、
色々とあってそのまま席を置いてもらって仕事も頑張っています。
もう妻を悲しませないように、タビーに見守られながら?頑張って行きます
本当に、色々とありがとうございました。
父と母はほとんど海外移住のようなものです。
移民手続きはすぐにはできないけれど、後々にそれは考えてると聞いてます。
絶縁と言ってしまって良いのかも知れません。
妻がどうしたいかは判りませんが、
彼女が望まない限り、もう会うことはありませんし会わせたくありませんし。
こんな風に言える自分がいるなんて当時は絶対に思わなかった。
妻は私の大切な宝で家族です。大事にします。
妻が妊娠しました。
まだ80日ちょっとなんですが、私の子供です。
家族が増えます、なんだかそれだけで感無量です。
妻が「初めての孫なのだから」と
外国在住の両親には安定期に入ったら知らせても良いと言ってくれましたが
私としては母の暴走があると困るので、どうするかは様子見です。
知らせないかもしれません。
ですが、今はとても幸せです。
ありがとうございました。